松岡徹の週刊イートリート -栄養士の活躍を応援する-

Eatreatにまつわることをはじめ、食・健康・栄養に関すること中心に。

Eatreatイートリートって何?

4月も2週目ですね。

ブログ更新が滞っておりました。

気付いたらビックリ!前回の更新から20日も経過していました。

週刊と銘打っているのでしっかり更新しないとです。

 

さて、イートリートで営業していると『イートリートって何?』と良く聞かれます。

踏み込んだ質問になると『何して儲けてるの??』と。

そこで、今回はEatreatってどんな会社か会社案内をさせていただきます。

 

Eatreatは2016年8月に起業しました。

 『私たちは栄養士さんとともに食べる喜びを通して健康な世界を創造します。』

を経営理念とし、栄養士さんの活躍の場を広げるべく活動を行っています。

 なぜ栄養士業界にフォーカスているのか?

それは弊社の出資会社に関係があります。

弊社の親会社は 『マルハチ村松』

ほとんど認知度のない会社ですが、実は業務用では名の通った会社になります。

マルハチ村松はだしの専門メーカーとして、toBを専門に商売を行っています。

創業がもうすぐ150年!日本でも有数の老舗メーカーです。

だしの原料のかつお節。そのかつお節の原型を作ったのもこの会社になります。

 そのような会社がEatreatに出資してくれている理由

マルハチ村松は第2次世界大戦後開店休業状態でしたが、商売をするにあたって今まで培ってきた技術を使い、だしの素『パウミー』と『鰹の素』を開発しそれらを販売していくことにしました。

しかし、経済状態も悪い中どこに販路を開拓していくか?

その時の選択が学校や病院をはじめとする公共機関でした。

実際に営業を始めると販売窓口は栄養士さんが多くその栄養士さん達にパウミー、鰹の素はおいしいと太鼓判をいただき販路をどんどん広げて行きました。

その後、高度経済成長期に入り販売先は加工食品メーカーに移りましたが、今のマルハチ村松の基礎を築いたのはそのときの栄養士さんたちであることは間違いないです。

そして今、マルハチ村松の成長の柱を作っていただいた栄養士の皆さんに何か恩返しができないか?

そのような思いでできた会社が『Eatreat』になります。

いかがでしょうか?

Eatreatが栄養士さんにフォーカスするなぞが解消されましたか?

 

企業なので当然、経済活動も行いますがそれは次回に!

 

Eatreat(イートリート) - 管理栄養士・栄養士の活躍を応援するサイト -

 

www.08m.jp